こんな僕でも幹部になれた。

社員教育は個人のためにもなる

適切な社員教育は個人の能力を引き出すことができます。その能力を会社に役立つ人材として成長させられれば、幹部になれる人も出てくるでしょう。ここで大事なのが社員教育のカリキュラムをしっかり組むことです。幹部まで成長するためにはハードルが色々ありますので、社員研修を適切な時期に実施します。能力が伸び悩んでいるときに研修で壁を乗り越えられるようにすれば、着実に成長していきます。タイミングが合っていないと、効果が薄くなってしまうので、個人個人に合わせた研修というのも大事になってくるでしょう。向き不向きを判断して、個人の向いている方向へ伸ばします。本人が順調に成長するためにはこの方向性は大事な要素です。管理職が向いている人には管理職研修を実施すると意識が高まり、スムーズに成長してきます。

会社が欲しい人材は育てる

社員研修は個人のためにもなりますが、最終的には会社の利益になることが多いです。会社で不足している人材を育てることもできますし、伸ばしたい分野の人材を育てることもできます。研修には手間、時間、経費がかかりますが、見合うだけの見返りがあるのです。会社が欲しい人材を採用しようとしたら、それ以上の経費と時間がかかることもあります。長い目で見れば育てた方がいいのです。育てる途中で会社のことを考えられる人材も出てきますので、次の世代を担う層がその中から出てくるかもしれません。成長の過程で愛社精神は培っていくものです。辞めにくく、会社のためになる人材は会社の中から出やすいので、その成長の手助けをすることは会社にとっては大きな利益になります。

新卒で会社に入社したての頃はまだ社内の文化にも慣れず、必要な知識にも乏しい状態です。新人研修は、社員として新しくスタートするために必要な最低限の知識や経験を短期間で身に付ける良い機会となります。

© Copyright Creating Training Plans. All Rights Reserved.